0
ln k = ln A - E_a/RT温度の逆数に対して実測の反応速度をプロットすることで、回帰分析の手法を用いて実験的に活性化エネルギーE_aや頻度因子Aが算出される。
@poul_kuzuprince
13
0つぶやきシェア日替わり結果パターン 800,000 通り
診断したい名前を入れて下さい
2021 診断メーカー All Rights Reserved.