三世一身法
0
(ウィキペディアより)三世一身法(さんぜいっしんのほう)とは、奈良時代前期の養老7年4月17日(723年5月25日)に発布された格(律令の修正法令)であり、墾田の奨励のため、開墾者から三世代(又は本人一代)までの墾田私有を認めた法令である。当時は養老七年格とも呼ばれた。
524
0#sanzeつぶやきシェア結果パターン 3,125 通り診断結果:日替わり
診断したい名前を入れて下さい
2021 診断メーカー All Rights Reserved.