沼正作博士は、神経伝達物質の受容体やイオンチャネル等の一次構造を次々と決定していき、脳内で働くさまざまな神経機能素子の分子的実体や構造機能相関を明らかにすることにおいて多大な貢献をした科学者です。あの怒涛の業績を産み出した沼研では、どのように研究が進められていたのでしょうか?当時、京都大学医化学教室(医化学第二講座) 沼研究室で活躍された研究者の方々が語るエピソードには、非常に興味深いものがあります。
@c_amplifier 12,791人が診断
7 人生 学校 恋愛 つぶやき 日替わり結果パターン 30 通り
診断したい名前を入れて下さい
診断を作る
あなたのオリジナル診断をつくろう!
@shindanmakerをフォロー 友だち追加
2020 診断メーカー All Rights Reserved.